【2019年度活動事例報告】

みんな違っていい
そう考えるあそびの先生では
インストラクターの資格の活かし方も
人それぞれ違います。

2020年度 資格更新者31名の
活動事例報告会でのレポートより
一部抜粋し紹介します。
ぜひご覧ください。

イベント・プレ編

子連れイベントが自身の経験と
わが子の成長にもつながった

親子向け:
あそびの先生同窓会
(ファン会員・インスト限定イベント )

田野 里美さん
普段は保育園で保育士として勤務

==========

子ども同士の横のつながりをつくりたい、
あそびの先生の視点で子育ての話がしたい
という思いから。
午前はアナログゲームをメインに
じっくり遊んだりおすすめおもちゃを紹介し合い、
午後は大人だけでまったり
子育てなど色々な話をしました。

①(Before)動機

やってみる前はどんな思いやねらい?

・娘が新一年生で、環境の変化や
その空間や人に慣れるまでゆっくりなタイプなので、
学校以外の人とのつながりやあそびの体験を通して
自分の心地いい居場所づくりを経験してほしい。

・娘の不安な気持ちに寄り添って認めてあげたい。
・私自身もイベントをする側の経験を重ねたい

②(after)感想

やってみた後はどんな気持ち?

・回を重ねるごとに、
娘自身も見通しが持てるようになって、
安心感が出てきた様子がよくわかった。

『〇〇ちゃんと△△したいな』
『何人くるかな?』と始めは
「ついてきてる」だったのが
目的を持って一緒に行きたい
と言ってくれるようになったのが
嬉しかった。

・ファン会員、インスト限定という事もあり
あそび先生視点で我が子や
参加してくれたお子さまを見たり、
見てもらったりが心地良かった!

③(get)成果

やったことで得たことは?

・アナログゲームを通しての
子どもたちのできること、
課題、新たな一面に気づくことができた。

・単発でなく、
定期的にしたことで我が子にとっても
参加しやすく、安心感につながった。

④(future)展望 

これからのやってみたいことは?

・ファン会員・インスト同士の交流、
子どもたち同士の交流の場を作れたらと思う。
子どもたちで内容を計画したお泊まり会や、
夏祭りイベントのような…こと!

・子どもたち目線で
イベントを考えてみたい

⑤子どもたちの感想

わが子の感想は、
楽しかった!また行きたい!と言ってくれた。
最初の不安な気持ちを振り返りながら
今この気持ちになれてることに、すこし嬉しいそうでした。

イベント詳細

開催日時:2ヶ月に1回
(8.10.12.2月の4回開催)

イベントや講座名:あそびの先生同窓会

対象者:ファン会員、インスト限定 親子

定員:4組

場所:あそびの先生LABO

参加費:
親子1000円 大人のみ500円

スタッフ:
あそびの先生インストラクター
宝田ひか里さんと一緒に

※他の「資格の活かし方/イベント・プレ編」の報告は 
以下のリンクよりお読みいただけます。

働くママのお子様に家庭的体験を 
発達ゆっくりさんの会 
お花の先生ならではの視点でイベントを企画